◆外食産業の教育革新



◆大型チェーンでの有効活用

◆ファーストフード

 『レシピアント』を利用し、今までのマニュアルから、動画マニュアルへの移行が始まりました。衛生管理面の教材制作からスタートし、撮影から映像編集に至るまでの技術を習得し、「自社の動画マニュアルは、全て自作」を目指し、撮影~編集技術指導も受けております。
 初めの1本目は、時間がかかりましたが、1本制作するとコツが解り、次々と動画マニュアルが出来上がっています。動画の良さは、文章で伝えきれない「手つきや動き」です。動画は、何度も学習できる為、覚えが早く、何よりも各店舗での指導負担が軽減されます。



◆FC本部としての責任と指導力アップ

◆某焼肉チェーンFC本部

 動画マニュアルの一番の目的は、お料理を教える事。フランチャイズ本部として、調理指導は一番重要です。キッチンの片づけ、包丁の研ぎ方、肉のカット・掃除の仕方、盛り付けのボリュームや向き等、細かく動画にてマニュアル化しています。フランチャイズに加盟して頂いたオーナー様にも安心して経営に集中して頂ける準備をしております。また、動画マニュアルを誰がどのくらい勉強しているか?が解るので、指導の際に役立ちます。



◆ご年配のスタッフも含めて1600名への教育

◆中華ラーメンチェーン

関東76店舗、関西7店舗で、スタッフ年齢層は幅広いのが特徴です。お子様方が大きくなったパート主婦も多く、他の飲食店様と比べ、平均年齢も高いほうだと思います。スマホを持たない世代も多いのですが、そんな方々にも優しく教えられるのが動画です。『レシピアント』導入がきっかけでスマホに変更するパートさん達も多く、動画を見ながら楽しく学んでいるようです。どうしてもスマホが持てないパートさんの為に、店舗にIpadを設置いてます。弊社は、ホールサービスから動画マニュアル制作をはじめたので、パートさんの利用率が高く、今後は、調理マニュアル整備も進めて参ります。



◆料理の手つきを伝えるのに動画が最適

◆本格イタリアン 8店舗 

 本格ピザを提供しているイタリアン業態です。ピザ生地を伸ばし、遠心力で広げ、具材をセッティングし、ピザ窯へ…窯の中では、ピザをくるくる回しながらムラなく焼き上げていきますが、この一連の流れは、文章やレシピ表だけで技術を伝えることができません。料理の手つきや焼き具合等動画教材を使うことにより、育つスピードもアップしました。その為、具材のロスも防げます。また、動画マニュアルを制作しながら、基準の見直しにも役立ちます。



◆調理の標準化で高レベルを維持する

◆つけ麺チェーン首都圏中心40店舗

 『つけ麺』と一言で申し上げても、作る人によって味も見た目も変わるものです。40店舗、いつも最高の状態で、お客様に味わって頂くために、日夜努力を重ねてます。店舗が増えてきますと、教える側も行き届かなくなるものです。そこで、『レシピアント』は、教える基準が統一され、動作や手つきも同時に伝えられるため、育成の効率と精度がぐ~んとアップ致しました。テスト機能を利用し、スタッフの習得知識の確認もでき、本部教育部門の効率も向上しています。



◆まずは、企業哲学をしっかりと伝えたい

◆複数業態 国内70店舗 海外7か国

人材不足に備え、動画教育を標準化としています。特に、企業理念、フィロソフィーズ、ビジョンを共有し、同じベクトルを向いて企業が発展していくために、『レシピアント』を利用しています。企業がスタッフに伝える事をきちんと伝えていなければ、要求しても動きません。2020年への目標を皆と共有し、働き甲斐のある企業づくりに、動画マニュアルは欠かせないのです。実現していくために、一人一人の力を発揮させるツールとなっています。



◆指導側の効率アップで店舗展開を狙う

◆居酒屋12店舗 地域ドミナント型

これから店舗拡張を目指しているため、「教育」手法を模索してました。eラーニング『レシピアント』は、一度、動画マニュアルを制作すると、後の指導が随分と楽になります。また、制作の段階で、料理手順やマニュアルを見直すこともでき、整備が進みます。自分たちで撮影した動画をネットで送信し、テロップなどの編集作業は全て月額費用に含まれているため、映像制作費用が掛からず、低コストでeラーニングが実現します。



◆既存の動画を有効活用したい

◆牛タン専門店36店舗 様

 昨年、予算をかけて企業理念を伝える動画を制作し、DVDにして配布しましたが、スタッフがどの位見ているか?というのが解りませんでした。今までの動画を『レシピアント』にアップすることにより、誰がどの位見ているかが解ります。映像が一番伝えやすい事は解っていましたが、その映像は、見てもらわなければ伝わりません。今後は、社員教育にフル活用していきます。



◆素人の加盟希望者を不安にさせない

◆焼き鳥チェーン FC本部

埼玉を中心に、フランチャイズ展開をスタートさせ、現在、東京・千葉・群馬・神奈川、23店舗に広がりました。飲食店経営が夢だった脱サラさん、定年退職者さん、企業の副収入としての加盟等、飲食業の技術を持たない方々が多く加盟しています。そのために、動画で教える・伝えることは、物凄く重要なポイントです。加盟を迷われている方々には、この動画マニュアル『レシピアントが大きな安心に繋がり、加盟店拡大化に大いに役立っています



◆ホール・調理以外にも社風を伝承

◆居酒屋チェーン 125店舗

動画マニュアルは、自社で構築しておりましたが、中々運用に満足するものではありませんでした。『レシピアント』は、学習状況を把握し、活用頻度が解るため、学習促進が可能です。各責任者にしっかりと伝える事により、本部からの指導水準・スピードがアップしました。

また、編集サービスによって、技術面だけでなく、社風も伝える事に役立っています。



◆数多いスタッフに、正確に素早く技術を伝えたい

◆蕎麦チェーン 200店舗

弊社は、関東中心に北海道から九州まで200店舗程運営しています。

新人教育や新メニューの指導を人手に頼っていては、時間・労力がかかり、また、商品の精度も維持することが難しくなります。

『レシピアント』の採用は、この問題を一気に解決しました。

特に、季節の新メニューは、動画マニュアルで一気に指導が行き届きます。現在では、撮影~編集を自社で行ってます。

FCオーナー様にとりましても、とても喜ばれています。



◆社内研修の内容をスタッフ全員で共有

◆高級居酒屋チェーン 直営本部

弊社では、マネージャー・店長・各所属研修、また、外部講師を招いた研修等を頻繁に行います。しかし、200名以上のスタッフ全員を集めた研修は、そう頻繁にはできません。外部講師等の研修内容を全員に是非受けさせたいと思い、『レシピアント』を採用しています。見やすいように15分程度に分割し、スマホでどこでも研修できる環境を作り、スタッフを応援しています。



◆アジア進出・外国人スタッフには欠かせない

◆お好み焼きチェーン

国内での店舗展開もまだまだ続きますが、なんといってもアジア諸国への店舗展開に、動画マニュアル『レシピアント』は欠かせません。動画は全て国内で収録し、アジア諸国への言葉に吹き替え、現地指導に力を発揮します。日本の食文化とサービス精神を伝えるのは、大変なことです。また、現地のスタッフも一生懸命です。eラーニングは、教える側と教わる側のコミュニケーションを繋げるツールです。